FX逆張り手法

逆張りのスキャルピング手法(優位性のあるロジック)

スキャルピングの逆張り手法で勝率の高いロジック

優位性がある手法で利益を増やし専業トレーダーとして活躍 

今回は逆張りスキャルピング手法について話していきますが、
私の場合は、スキャル・デイトレ・スイングの手法のどれか一つに絞っているわけではなく、
相場の状況やトレード時間、リスク分散などを含めて、臨機応変に対応しています。

その中の一つの手法として、私が優位性があると認めているロジックを紹介します。

スキャルピング専用のインジケーターを設定したチャート 

上のチャートを見て、「あれっ?」と思った方もいるかもしれません。
既にスキャルピングをやっている人であれば知っている人も多いかもしれませんが、
有名なFX-jinさんの恋スキャFXビクトリーDX完全版を自分なりに使いやすく改良したチャートです。

ロジック自体は変わらず、そのまま恋スキャのルールです。

逆張りスキャるだけでなく高速スキャルも優位性あり!

なぜ今回この恋スキャ手法を紹介するかというと、スキャルピングを1から学びたい方には、
シンプルな手法で精度が高く、再現性がとても高い手法だと思っているからです。

長期的に恋スキャ手法を実践で検証していますが、
シンプルなロジックな分、カーブフィッティングしにくく
相場にとても順応しやすいという特徴があります。

トレード判断としては1時間足⇒15分足⇒5分足の順番に環境認識を行い、
最終的に5分足メインでルールに沿ってエントリーします。
既にFX中級者であればだれもが知っている基本ですが、
相場格言にも「森を見て木を見る」という言葉があるように上位時間軸から下位時間軸にかけて、
シッカリ環境認識を行っていく事で、勝率を上げ利益を積み上げていく事が可能です。

初心者に最適な理由は他にもあり、ウザいくらいに丁寧に解説された
全部で20時間を超えるほどの動画教材というのも、知識の少ないトレーダーには満足度が高いと思います。

恋スキャのメインは逆張りのスキャル手法なのですが、
中上級者用にトレンドフォロー系の高速スキャルも準備されていて、
個人的にはこちらの方がよく使用する手法となっています。

ルールはとても明確になっているのですが、慣れてくるまでは
「エントリーポイントを待つ」という作業が初心者にとっては簡単なようで難しいかもしれません。

FXでは先読みは禁物です。
人間心理としてロジックを知れば、少しでも利益を出そうとして早めに入ってしまうものです。
しかし、そういったことを繰り返しているとそのうち痛い目を見るのは間違いありません。
それに、先読みすることで確率を高めたロジック自体が無意味になることさえあります。

逆張りのスキャルピング手法やトレンドフォロー系の手法を、
徹底的にマスターしたいトレーダーには、おすすめできる優位性のある手法です。

手法の詳細はこちらをクリック 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. FX手法

    トレードシナリオを構築する
  2. FX商材検証

    FX-navi 検証レビュー(販売方法が最悪すぎるでしょ!)
  3. FX商材検証

    FXのサヤ取り(Market Hunt System Premium)検証
  4. FX商材検証

    乱獲FX2ダブルトラップ 検証レビュー
  5. スイングトレード手法

    トレンドハンターFX検証(11月結果報告)
PAGE TOP