スイングトレード手法

トレンドハンターFXの実践7月3日更新

スイングトレードで評判の関野典良の手法

勝率の高いスイングトレード手法MT4インジケーター
チャート矢印サインは、トレンドハンターFX付属のサインをそのまま表示。

順調に利益を出しているトレンドハンターFXです。
インジケーターのサインにプラスして、サポートラインやレジスタンスラインを
活用することで勝率の高いスイングトレードが可能です。

上のチャート画像は、ユーロドルですが、
6月25日に1.30993で下落サインが表示され、7月2日にも1.30263で下落サイン。
現在のレートは、1.29666となっています。

ポンドドルのチャート

上のチャートは、ポンドドルの4時間足ですが、
6月19日に1.54787で下落サインが表示され、現在のレートは1.51540となっています。

ドル円でスイングトレード

上のチャートは、ドル円の4時間足ですが、
6月19日に96.387で上昇サインが表示され、現在のレートは100.678となっています。

順調に結果を出し続けているトレンドハンターFX

トレンドハンターFXの検証記事はこちら⇒
その後の検証結果、6月11日更新記事はこちら⇒

マニュアルにもラインを使った動画解説がありますが、
購入者通信でもラインの引き方の極意なども配布しているので、
まだマスターできていない方は、しっかり動画で学習してください。

トレンドハンターFXの手法は、サポートラインとレジスタンスラインを
使ったトレードにとても相性がいいため、上手に活用できれば、
1回あたりの利益が大きく狙えます。

今回のサインでは、ユーロドルに関しては一方通行の動きでサインが遅れ、
あまり利益を伸ばせていませんが、ポンドドルとドル円に関しては、
それぞれ300pips~400pipsは勝てているので、実践している方にとっては、
かなりおいしい相場だったと思います。

トレンドハンターFXの魅力は、スキャルピングやデイトレードの
サインツールとは違い、ダマシサインが少なくルールに沿った
損切りをキッチリ行うことができれば、継続して結果を出せている事です。

検証を開始してから、月単位では負けなしとなっており、
シグナル発生からOCO注文しておけば、頻繁にトレードする必要もない為、
あまりパソコンに張り付く時間がない方でも対応できる手法です。

参加者も続々と結果を出しているようなので、
スイングトレードに興味があれば、トレンドハンターFXはお勧めできます。

トレンドハンターFXの検証レビュー記事はこちら⇒

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. FX手法

    夕方からのトレード結果とチャート分析
  2. FX商材検証

    マエストロFX検証レビュー(佐野裕の裁量手法)
  3. FX商材検証

    井手式7daysFX検証-裁量の基礎構築としては評価に値する
  4. FX手法

    トレンドフォローの鉄板手法(順張りで勝つロジック)
  5. FX商材検証

    アドバンスド・ホーミングFX【検証レビュー】実践的な相場観を養う
PAGE TOP