FX手法

日足チャートのテクニカル分析

ユーロドルのチャート分析

王道的なトレードスタイルで稼ぐFX手法 

昨日のトレードは、ユーロドル1.3516で下方向にエントリーして、
まだポジションは保有中ですが、最適な場所で注文を出すことができました。

4時間足のボリンジャー2σを一度抜けて、75移動平均線を抜けたあたりで
上昇勢いがなくなったことを確認して注文を出した後、気持ちいいほど一気に下落していきました。

日足のチャートのローソク足を確認すると転換を示しているので、
まだエントリーしていない方は短期的とはいっても100pipsは抜ける
可能性があるため、チェックしておいた方がいいかもしれません。

ターゲットは、上のチャートの緑マル付近で考えていますが、
状況次第で臨機応変に対応していくつもりです。

現在は日足チャートでは、上昇トレンドの押し目部分に当たりますが、
もう一段下げの方向で考えてはいるものの、下げトレンドラインを抜いてきた場合には
上昇でのトレードに頭を切り替えてトレードチャンスを待つ感じになります。

短期売買にしてもマルチタイムフレームは重要

短期トレードをするにしても大きな流れを知ることはとても重要です。
日足、4時間足レベルで、どういった流れを作っているのかを把握していないと、
1時間足や15分足、5分足だけでは、継続して安定した結果を出すことはかなり難しいと思います。

複数時間軸を使ってチャート分析できるようになってくれば、
優位性のある方向へのエントリーが可能になり、落ち着いて対応することもできます。

常に3つのパターンを考えるようにチャート分析を心がけています。
今の相場環境がどうであれ、「絶対に上げトレンド!」などを決めつけるのではなく、
・レンジ
・上昇
・下落

の3つのしなりをお考えていく事によって対応するトレードが可能になってきます。
やはり思い込みというのは裁量トレーダーにとって怖いもので、
一度方向を決めつけてしまうと、連敗することもザラにあります。

シナリオが間違っていればすぐに修正する!

この考えは個人的にはとても大切な事だと思っています。

FXで100%勝つ手法が存在しない以上、確率が高い方向(優位性がある方向)へエントリーをしますが、
間違う事はどのトレーダーにだってあります。
だからこそ、色々なシナリオを考え、違った場合には頭を切り替えて
相場に対応するトレードを行っていく事が、長期的に結果を出していくためには必須といえます。

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ナーシャ
    • 2013年 2月 14日

    いつもブログ見てます。
    タイミングよく記事を見て、83pips獲得できました。
    ありがとうございました^^

      • fxkasegu
      • 2013年 2月 14日

      コメントありがとうございます。
      こんなブログでも参考になってよかったです^^

カテゴリー

最近の記事

  1. FX商材検証

    プライスライナー(インターバンクオーダー状況を表示するMT4インジケーター)
  2. FX商材検証

    マジックボックスFXを購入してガチ検証
  3. FX手法

    FXで結果を出せない人の共通点
  4. FX商材検証

    スターハンターFX検証レビュー
  5. 億トレFX~7DAYSプロトレーダー育成カリキュラム~検証

    億トレFX【検証レビュー】原啓司
PAGE TOP