トレンドハンターFX検証

トレンドハンターFX検証(あいかわらず調子がいいスイングトレード手法)

中期の流れを知る事でデイトレードにも役立つ

トレンドハンターFXの検証は、今も実践で行っていますが、
7月3日に報告してから、記事をアップしていなかったので直近の
トレードなどをアップしておきます。

過去のトレンドハンターFX検証記事はこちら⇒

私の場合は、スイング用口座とデイトレード用口座など
証券会社を別々に分けて管理し、それぞれトレードを行っています。

ある程度、スイングトレードでも結果を出せるようになってくると、
短期トレードにはないメリットが数多くあり、短期と中期を合わせることで、
現状としてはリスク分散しながら利益を伸ばすことに成功しています。

それでは、トレンドハンターFXの直近チャートを確認してください。

ドル円のスイングトレード手法を実践で検証

上のチャートは、ドル円4時間足でチャート上の矢印は、
トレンドハンターFXのインジケーターで表示されています。

ドル円では9月2日にもみ合いブレイク付近で買いシグナルが発生。
98.534エントリーでトレンドラインを割ってきた99.868で決済となっています。
もみ合いながら上昇したという感じで、100.00を抜けて現在は下落となっています。

ユーロドルのトレンドフォロー

ユーロドルでは、8月23日と9月5日に売りサインが発生。
1,33403エントリーで、トレンドラインを明確に抜けてきた辺りで決済、
2回目のサインのポジションは現在、含み損となっている状況。
直近高値を超えた付近にストップを置いています。

ポンドドルのスイングトレード

ポンドドルでは、9月4日に買いシグナルが発生。
1.55620でエントリーするもイマイチ動きが悪い状況となっています。
週足で確認すると、意識されているレジスタンスラインなどがあり、
売り方が強いようであれば、早めに決済する予定のポジションとなっています。

トレンドラインやサポート・レジスタンスラインが上手に使え、
マルチタイムフレーム分析もしっかりできるようになって来れば、
基本的にはデイトレードでもスイングトレードでも関係なく結果を出せるようになってきます。

複数の通貨ペアで自分の得意なチャートパターンを
ピックアップして、期待値が高いトレードだけを行う!

効率よくスイングトレードで稼ぐ為に、私が行っている
トレンドハンターFXの使い方としては、複数の通貨ペアに
トレンドハンターFXのシグナルを表示させて、
週足と日足で相場状況を把握して、執行時間軸である4時間足を
最終的な判断としてトレードシナリオを描き取引を行っています。

トレンドハンターFXは半裁量的なトレードになるため、
初心者の方であればシッカリ動画などで学習して、
トレンドラインやサポート・レジスタンスラインの使い方なども
理解し使いこなすことで、勝率を上げて結果を出すことが可能です。

トレンドハンターFXの検証レビュー記事はこちら⇒

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. FX手法

    FXライントレード手法で稼ぐ
  2. FX手法

    半値戻しを狙った実践FXライントレード
  3. FXスキャレーダー検証

    FXスキャレーダー【検証レビュー】
  4. FX商材検証

    池辺雪子のFX倍加テク検証レビュー
  5. FX手法

    ダイヤモンド・フォーメーションを利用したトレード手法2
PAGE TOP