スキャルピング手法

鶴式FXスキャルピングプラスの実践トレード結果

夕方からの鶴式FXユーロ円スキャルピングトレード結果

鶴正敏さんのスキャルピング手法を検証

欧州時間に入りユーロ円は、下落トレンド継続となっていた為
鶴式FXスキャルピングプラスのチャートを使ってスキャルピングを
5回ほど行っています。

トレード結果は、3勝2敗+24900円となっています。

鶴式FXスキャルピングプラス検証レビュー

最後のトレードでは、下落動意が強かったため、
10pips利益確定ではなく、1時間足チャートの200日移動平均線まで
ターゲットを伸ばして、レートが近づいて利益確定しています。
その時の動画を収録していますので、よければ確認してください。

2日間のトレード結果としては、
12回トレード中、9勝3敗+60,800円となっており
今のところ勝率は75%です。

まだまだ鶴式FXスキャルピングプラスでの
実践検証の期間が少ないため、ハッキリとしたことは言えませんが、
スキャルピング手法としての優位性は確実に感じることができています。

鶴式FXスキャルピングプラスでは、裁量が入るため
トレード経験などによっても習得のスピードは変わってきます。

慣れないうちは、しっかり4時間足や1時間足で
今の相場状況を把握して、チャートポイントを見極める
練習を常に心がけるようにするといいかもしれません。

経験が少ないのであれば、マニュアル動画で勉強したらいきなり実践ではなく、
チャートを確認して、ここがエントリーポイントでここが決済ポイント、
ここが損切りといった感じで、イメージするなりして、
自信を持ってトレードできるまでは、何度も繰り返しイメージトレーニング
することをお勧めします。

私も経験が浅いころは、、優位性がありそうな手法を知ったら
練習なしですぐに実践で検証をしていましたが、かなり痛い目に合ってきました。

特にスキャルピングのような少ないpipsを積み上げるトレードスタイルでは、
中途半端な知識で実践トレードをすると、損失があっという間に膨らみ
取り返しがつかくなる場合もありますので、注意してください。

参考になるかわかりませんが、私が鶴式FXスキャルピングプラスで
チェックしたことなどを少し紹介しておきます。

まず動画でトレード条件などをしっかり把握して、
鶴正敏さんの実践動画を繰り返し確認して、どういったポイントで、
どういった考えでエントリーしているのかを自分なりに考えました。

そして鶴式FXのチャート設定で日足から1分足まで開き、
移動平均線やマルチ移動平均線、ボリンジャーバンドとローソク足の位置、
2つのスローストキャスのタイミングやMACDの状態を過去チャートで
出来る限り確認していき分析を行いました。

レートが動きやすいポイントや揉み合いやすいポイントなど、
過去のチャートで繰り返し確認していくことで私の場合は、
ある程度コツをつかむことができています。

教材を深く理解するために、
自分なりに考えてトコトンイメージしたり過去チャートを分析することで
理解度が増していくはずです。

疑問に思えばドンドン質問してサポートも活用すべきだと思います。

鶴式FX スキャルピングプラスの詳細はこちら⇒

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. FX商材検証

    ドラゴンストラテジーFX【検証レビュー】
  2. タダで学べるFX勉強会

    エントリーしたら逆行して損切りする職人
  3. 日経225先物デイトレード実践

    日経225先物デイトレード(オススメの手法)
  4. FX手法

    GMMAとRSIを使ったFXトレード手法
  5. FX商材検証

    相場のNews検証レビュー(相場一輝のFXトレード生中継)
PAGE TOP