トレンド転換はどこで判断する?稼ぐ為の基礎知識

初心者が間違いやすいトレンド転換ポイント

FXで稼ぐ知識と技術の向上

トレンドの定義や判断するポイントは、
数多くのブログで語られていますが、実践トレードをしていて
失敗しやすい(ダマシに引っかかりやすい)トレンド転換を
どこで判断するのかという事をよく理解しておく必要があります。

まず、トレンドの定義として
・上昇トレンドは、高値と安値の切り上げ
・下落トレンドは、高値と安値の切り下げ

でしたね。

勝率を上げる為の稼ぐFX基礎知識

◆トレンドの転換をどこで判断するのか?
ダウ理論の中にある「トレンドは明確なシグナルが出るまで継続」
とあるように、どのようになったら「トレンド転換かな?」と判断するか、
判断方法を明確にしておかなければ、上昇・下落・レンジの判断が
出来ずに、方向感がわからず当然トレードにも影響してきます。

上昇トレンドでトレンド転換を判断するポイントは、
下の図でaの安値を切り上げたポイントとなります。

相場の原理原則を知る

上昇トレンドを形成して、直近安値を割った時に
「トレンドはいったん終了したのかな?」と判断を行います。

*ここで間違ってはいけないポイントとして、
あくまで一つの判断材料として考えるという事です。
直近の安値を割ったからといって必ず下落になるというものではなく、
そこからレンジ相場になる事も当然あります。

トレンドの転換を判断するポイント

次に大事なポイントとして、
どこで下落トレンドになったのか?を判断していくポイントです。
下の図を確認してください。
トレンドフォローの基礎

高値と安値が切り下がり、b(緑マル)で
下落トレンドになったと判断できるポイントになります。

実際のチャートでは、ここまで単純ではないですが、
基礎となる考え方、チャートの見方を理解しておくことは
とても重要なことです。

ここが曖昧だと、上位時間足でトレンドやレンジを判断するのも
いい加減になり、根拠あるトレードが行えないという事にもつながります。

チャートにサポート・レジスタンスラインをなぜ引くのか?
トレンドラインをなぜ引くのか?など意味なく皆やっているから
というレベルではなく、深く理解して使いこなせるように
もう一度、基本がイマイチ理解できていない場合には、
手法を探す以前に基礎を学習することをお勧めします。

FX初心者のうちは、どうしても稼いでいる人の手法に目が行きがち
なのですが、いくら優位性のあるロジックを知ったとしても
環境認識さえまともにできない人が、稼ぐ人の猿真似をしても
同じような結果を出すどころか、大きく損失を出すのがオチです。

早く稼ぎたい、結果を出したい気持ちはみんな一緒ですが、
まずは、基本から確実にステップアップしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です