ロールリバーサルを確認後の高勝率スキャルピングトレード

鶴式FXスキャルピングプラスの実践検証

勝率の高い実践的なスキャルピング手法

久々の鶴式FXスキャルピングプラス実践トレード報告になります。

午前中からトレードしていた日経225先物デイトレードが一段落つき
14時すぎからユーロ円で1回スキャルピングトレードを行い、
動画に収録しましたので、よければ確認してみてください。

タイトルにも書いているように、今回は1時間足でロールリバーサルを確認して、
サポートラインを背にして買いエントリーでスキャルピングしています。

勝率の高いオススメのスキャルピング手法

ロールリバーサルは、ライントレードをしている方は基本すぎる事なので
知っている方がほとんどだと思いますが、初心者の為に少し説明すると
何度も意識されていたサポートラインやレジスタンスラインをブレイク後に
その役割が転換することをロールリバーサルと呼びます。

基本的な事こそ実践で使いこなせるレベルになろう!

こういった基本的なことを知っていても、実践トレードでは使えていない
というトレーダーの方もいると思いますので、使いこなせるレベルまで
スキルアップしていきましょう。

トレンドフォローの押し目や戻しを狙う場合にしても、
ターゲットを決め、「エントリーポイントはここだ!」と思っていても、
目先の相場の動きに騙されて「イメージよりも早くエントリーしてしまう」
という事は、初心者の頃はよくあることです。

狙ったエントリー場所まで待ちきれず、
「もしこのままエントリーできずに上昇(下落)してしまったら・・・」
そう思うと焦って、意味の分からない場所でエントリー、
結果的にはリスクを多く抱えて、ポジションを保有する羽目に。

こういった失敗を私も初心者の頃はやらかしていましたが、
動くチャートをひたすら勉強したり、どのポイントでエントリーすれば
リスクが少なくポジションを保有出来るのか?などトコトンチャートから学びました。

毎月結果を出せるトレーダーと負けてばかりのトレーダー。
何が違うのか?といえば、別に大きな違いはないんですよね。

特別な手法もなければ、とびぬけた才能も必要ありません。

相場の原理原則を理解して、基本を実践で落とし込めるレベルに
トレーダーとして成長していき、自分の考えが相場に適していなければ
修正を繰り返す・・・ただそれだけなんです。

毎月数百万稼ぐ知人のトレーダーが言っていました。
「当たり前な事を当たり前にできない奴が、相場から消えていく」

日々のトレード記録は面倒だけど書いていった方がいいよとアドバイスすれば、
なんだかんだ言い訳を言って結局、やりもしない・・・

チャートに全て答えがあるからといっても、
トレードするとき以外はチャートを開きもしない・・・

結局は、結果を出せない理由は誰が悪いわけでもなく
全て自分に何かしらの原因があるという事なんですよね。

自分の弱点を素直に認めて、修正できる人って
投資に限らずビジネスでも何にでも強いと思います!!

2 件のコメント

  • 管理人様
    ご無沙汰しております。
    毎回分かり易く、ためになる記事をありがとうございます。
    特に今回の記事は自分の胸に突き刺さりました。
    「相場の原理原則を理解して、基本を実践で落とし込めるレベルする」ことしか生き残ることが出来ない・・・
    記事を読み、この2週間のトレードを1つ1つ振り返ってみて、その通りだと痛切いたしました。
    進むべき方向を教えていただきました。ありがとうございます。
    明日から1つ1つ丁寧にやって行きます。
    変なコメントですみません。

    • chimeiさんお久しぶりです、
      お返事遅れて申し訳ございません。
      今回の記事は、胸に突き刺さったという事でありがとうございます。
      何かを感じられるキッカケを作れたのであればとても嬉しく思います。
      今は思い通りの結果を出せないにしても、chimeiさんのおっしゃるように
      1つ1つ丁寧に少しずつでも前進することが必ず成功へ繋がると私も信じています。
      諦めず目標へ向かって確実に歩いていきましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です