FX手法

スパンモデルと鶴式FXの両方で実践トレード

本日のスキャルピングトレード結果は、2万8144円でした。

鶴式スキャルとスパンモデル手法どちらもオススメできるロジック

最近は、鶴式FXスキャルピングプラスばかりで
実践トレードしていたので、今日はスパンモデルでトレードして
動画に収録しようと思い2回トレードをして動画編集していました。

その後、チャートをみるとユーロ円が複数の移動平均線を
ブレイクして上昇・・・・獲りやすいポイントを完全に見逃しでした。

ちょっと悔しかったので、
鶴式FXスキャルピングプラスで10pipsでも獲って
今日はトレード終了しようと思い1時間足のボリンジャーバンド上限を
狙って買いエントリーでサックリ利益ゲットできました。

スパンモデルのトレードと鶴式FXの実践トレード動画になります。

オススメのスキャルピング手法

FXを始めた頃は、いろんな手法を試してみても
不思議なくらいに勝つことができませんでしたが、
相場の原理原則を理解して、経験を積むことでチャート設定や
ロジックを変えても(もちろん優位性のある手法に限りますが)
逆に不思議なくらいに勝てるまでにトレーダーとして成長しました。

よくメールなどでも「勝てるようになったキッカケはなんですか?」
というようなご質問を頂きますが、私は別に特別なことをして
勝てるようになったわけではありません。

他の記事でも書きましたが、
「当たり前な事を当たり前にこなしていけば勝てるようになる」
と個人的には思っています。

負ける原因は当然自分にあるはずなので、
その原因を追究して、修正を繰り返すことで成長できるはずです。

トレード日記一つ記載するにしても意味があると思いますし、
過去チャートで検証をひたすら続けるのも「自分のトレードに
自信をつける為」だったり「手法の優位性を確認する為」だったりするわけです。

まずは自分をよく知る事が何よりも大事です。
トレードする時の自分を俯瞰的に見てどこがいけないのか?など
良いところと悪いところを明確に区別する必要があり、
自分に足りないスキルを学習したり、自分の悪い癖を改善していかなけばいけません。

そもそもメンタルコントロールができない暴走トレーダーが、
いくら手法を見直しても意味がないように、努力する場所を
間違えないようにしなくてはいけません。

その為、徹底的に自分を分析するという事も時には必要になるのです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. FX手法

    半値戻しを狙った実践FXライントレード
  2. FX商材検証

    葛島明奈さんの恐怖!財活スキャルピング手法
  3. FX手法

    夕方からのトレード結果とチャート分析
  4. FX手法

    ダイヤモンド・フォーメーション(FXチャートパターン)
  5. FX商材検証

    Dealing FX プライスアクショントレードマニュアル 検証レビュー
PAGE TOP