タダで学べるFX勉強会

レジスタンスライン・サポートライン活用法

2回意識されたラインは3回目も意識されやすい!

FXで稼ぐ知識と技術の向上

11月21日に押し目からの直近高値ブレイクしてきたドル円ですが、
レジスタンスライン・サポートライン・トレンドラインの
勉強をするにはちょうどいい相場でしたので、まずは画像を確認してみてください。

レジスタンスラインとサポートラインを活用したライントレード手法
クリックすると拡大されます。

現状のドル円は、日足、4時間足ともに買い目線となっており、
ライン分析だけでも判断しやすい相場となっています。

上のチャートは、ロールリバーサル含めて意識されたポイントに
緑色のマルとオレンジ色のマルをつけています。

緑色のマルは、サポートラインとレジスタンスラインのポイント。
オレンジ色は、サポ・レジ+トレンドラインのポイント。

ラウンドナンバーあたりのラインでは、何度も繰り返し
意識されていた事が、マルの数からしてもわかります。

今回、チャートで学習しておくべきことは、
誰もが意識するラウンドナンバー付近での価格の動きや対応、
トレンド継続やレンジ・転換の判断ポイント、買い場などを
チャートをみながら振り返っていきましょう。

デイトレードをしている場合、今回のドル円のような
多くの人に意識されやすいラウンドナンバー(100.000)では、
価格の前後に利益確定ターゲットを設定して1度ポジションを解消して、
再度エントリーチャンスを探していく方も多くいると思います。

上のチャートを確認するとライントレードの基本的な知識を
知っているだけでも、チャンスを逃さず良い場所でポジションを
持てていたことがわかります。

ライントレードの実践的な手法

マルチタイムフレーム分析では、買い目線となっているので
1時間足チャートでラインを使って買い場を探していった場合は
上の画像のようなトレードをすることが可能になってきます。

チェックポイントは、1つのラインに対して3回意識されたポイントを
探しエントリーしているので確認してみてください。

①は、単純に押し目を形成してからラインブレイクのエントリーで、
ラウンドナンバー付近での決済トレードとなります。

②は、1時間足ベースで直近高値をブレイクしたラインで、
その後レジスタンスラインだったのがサポートラインに切り替わり、
ロールリバーサルを確認しての3回目ラインタッチ後のエントリー。
ラインから+30pips以上は上昇しているので、ターゲットの設定次第では
利益にできていると思いますが、↑のチャートでは損切りとしています。

③は、レジスタンスラインがサポートラインに切り替わり、
3回目のタッチでサポートを確認して、トレンドラインも
引けるチャートポイントになっています。
サポートラインからの反発確認で、再度押しを確認してエントリーで
プロフィットライン付近で利益確定となっています。

③と④の間のオレンジ色のマルは、意識されやすい
強力なチャートポイントだという事がわかりますか?

なぜ強力なのかと言えば、
トレンドラインから3回目となるタッチポイントで、
サポ・レジラインの4回目タッチとなるポイントで、
ボリンジャーバンド3σタッチとなり、
とても強いチャートポイントだという事がわかると思います。

方向感なく意味もなく上下に価格が動いているようでも、
見るべきチャートポイントを知っていれば、勝てるトレードが
誰にでも出来ていたことが、わかるのではないでしょうか?

こういった後付的なチャート説明をすると、
「そんなの誰にでもわかるよ」とか「後付的なチャート分析は意味ないだろ」
と思われる方もいるかもしれませんが、個人的には今後のトレードに
役立てる為にこういったチャート分析で同じような相場状況を想定しての、
シナリオ構築やチャート分析などする事は、とても大切なことだと思っています。

参考になるかわかりませんが、
何かの少しでも気付きになれば幸いです。

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

  1. いつも有益な情報ありがとうございます。
    応援してます。

カテゴリー

最近の記事

  1. FX商材検証

    ナイトゼロFX検証・評価レビュー
  2. FX商材検証

    3クリックFX 検証レビュー(ライントレード手法)
  3. FX商材検証

    Spread Order Strategy 検証レビュー
  4. タダで学べるFX勉強会

    チャートパターンを利用した実践的なトレード方法
  5. FX商材検証

    モーニングエイトFX2013 検証レビュー
PAGE TOP