FX商材検証

ウェーブキャッチFX検証(平均月間獲得約8000pips?)

どこまで本当なのか評判のウェーブキャッチFX

評判のFX商材を検証して評価レビュー

半裁量のサインシステムで評判のウェーブキャッチFXは、
使い方次第では稼げるFX商材

ウェーブキャッチFXは、ド転売買のスキャルピングサインを出すインディケーターで、相場の波(トレンド)の規則性をキャッチしてシグナルを出していくロジックです。

5通貨ペアにそれぞれ対応したインディケーターが発売されています。
・ドル円専用インディケーター(1万5千円)
・ユーロドル専用インディケーター(2万円)
・ユーロ円専用インディケーター(2万円)
・ポンドドル専用インディケーター(1万5千円)
・ポンド円専用インディケーター(2万円)
・5通貨ペアセット(5万円)

単体で購入することもできますが、セットで購入すると4万円はお得に購入できるようになっています。

販売ページでは、2011年8月から2012年3月までのバックテストデーターは、
毎月8000pipsを超える利益をマイナスを出す月が1度もなく、好成績を収めています。

ウェーブキャッチFXの評判と検証
8か月間のバックテストデーターは販売ページに掲載されています。

ただ勘違いしてはいけないのが、
上のデータは24時間稼働させた場合のデータであり、しょせんはバックテストのデータでしかないという事です。

カーブフィッティングさせていれば、成績がいいのは当たり前なので、
こういったバックテストは最初から私は当てにしていないため、
ユーロドル専用のウェーブキャッチFXを実践で検証して、判断しています。

実践での検証期間は2013年1月から3月25日、時間帯は16時~24時まで。
ロスカットは35pips固定で設定して、検証を行いました。

ウェーブキャッチFXの3か月実践トータルパフォーマンスは、
+827pipsで1か月あたり平均+275pipsという結果になっています。

正直、意外な検証結果でした。
だいたいこういったFX商材のインディケーターは、あまり信用していないため、
どうせショボイ結果をたたき出してくれるんだろうなぁと思っていた分、
意外にウェーブキャッチFXのド転売買スキャルピングは、
優位性があり安定した取引をできたことに驚いてしまいました。

ユーロドル以外のウェーブキャッチFXは検証していないので、
優位性があるのかどうかはわかりませんが、少なくとも今回検証したユーロドルに関しては、安定した結果を出せていることから、評価は使い方次第とさせていただいています。

こういったインディケーターは、
数か月程度の短期的なデータでは、はっきりと使えるかどうか判断できないため、
最低でも1年間使用してみて、結果はどうなのか?という事を確認して再度判断しようと思います。

実践で検証を始めてからの総合判断の結果として、
使い方次第では稼げるFX商材

ウェーブキャッチFXのユーロドル専用インディケーターの詳細⇒
ウェーブキャッチFXの5通貨セットの詳細⇒

売買シグナルやロスカットシグナル発生時に、
サウンドとメールで知らせる機能は初めからついています。

1年間通して検証を行い、成績結果がいいようであれば、
他の通貨ペアも検証を行い、使えるロジックであれば5通貨ペアでリスク分散してトレードするのもありだと考えています。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 最強スパンモデルFX検証

    スパンモデルFX手法のトレード結果と今日の分析
  2. FX商材検証

    スキャルプロ ポンドマスターFX 検証レビュー
  3. タダで学べるFX勉強会

    相場背景を読み、その状況にあったシナリオを作る重要性
  4. FX商材検証

    ウィナーズFX検証(秋田式トレーダー育成プログラム)レビュー
  5. FX商材検証

    マエストロFX検証レビュー(佐野裕の裁量手法)
PAGE TOP