FX商材検証

ワンタイムFXライト 検証レビュー

FXのシグナル配信で評判のワンタイムFX ライト

評判のFX商材を検証して評価レビュー

ポンド円、ドル円の2通貨ペアを1日1回シグナル配信してきて、
OCO注文しておくだけというFX初心者に人気のワンタイムFXライトの
検証をした結果としては、2013年6月現在は様子見をすべき!
FX商材の検証と評価の結果

ワンタイムFXライトは、エーワントレード株式会社がシグナル配信をしていますが、
ちょっと前に記事にしたモーニングエイトFX2013と同様に、
投資助言登録(中国財務局長(金商)第31号)を行っているまともな会社です。

現在、申し込みをしようか迷っている方にアドバイスするのであれば、
直近数か月の成績結果を確認して調子がいいようであれば、
申し込みを検討したほうがいいという事です。

当然、投資助言登録を行い厳しい監視の基シグナル配信を行っているため、
販売ページに掲載されている配信実績は信用ができます。

2010年の成績結果は、年間+2072pips
2011年の成績結果は、年間+1955pips
2012年の成績結果は、年間+1881pips
2013年の月間での成績結果は、
1月+262pips
2月+308pips
3月+306pips
4月+368pips
5月-212pips
6月に入って今日までの結果、
6月3日 見送り
6月4日 -100pips
6月5日 -91pips
6月6日 -165pips

となっています。
明らかに相場に対してのロジックの優位性がなくなってきており、
現在、検討している方は、確実に1か月、2か月は結果を確認してから
でも遅くなく、わざわざ負け始めている今に申し込みをすべきではないと判断します。

シグナル配信は、完全に受け身のサンドバッグ!

シグナル配信を完全に否定する方もいますが、
私は、その人のスキル、環境、使い方によってはありだと思います。
FXのシグナル配信という本質を理解しているのであれば、
自分には、一番その方法が適していると思えば使えばいいし、
裁量スキルとしては、一切の役にも立たないから利用しないと思えば、
利用しなければいいだけです。

FXの自動売買や、シグナル配信というのは、
利用者側からすれば、勝つときも負ける時もみんな一緒。
ロジックが相場に適している時には、当然儲けることができますが、
一度負け始めると「いつまで続くのか?」など誰にもわかりません。

自分でリスクコントロールする方法は、唯一「開始時、辞め時を見極める」
ということだけになります。

ワンタイムFXの場合には、オフィシャルブログで日々の成績も
公開しているので、現在検討している方はしっかり開始時を
見極めなくては、安易に考えていると無駄な損失を膨らませるだけです。

完全にシグナル配信というサービスに乗っかるため、
当然、稼げなくなれば他のサービスを探すか、投資を中断するなど
裁量トレードとは、また違うリスクが付きまとってきます。

トータルで考えて、自分に最適な方法を選択するという事は、
投資を行う上で、とても重要な事です。

ワンタイムFXの詳細はこちら⇒

カテゴリー

最近の記事

  1. FX手法

    ダイヤモンド・フォーメーション(FXチャートパターン)
  2. FX手法

    チャートパターンで勝率を上げるFX手法
  3. スキャルピング手法

    確かに勝率が高いスキャルピング手法
  4. FX商材検証

    マナブ式FX完全マスタープログラム 検証レビュー
  5. FX自動売買ソフト

    EAを作成する方法(インディケーターの作り方)
PAGE TOP