金次郎システム(SnakeFX)検証レビュー

評判のFX商材を検証して評価レビュー

金次郎システム(SnakeFX)を検証した評価は、
使い方次第では稼げるFX商材

2012年6月19日に販売された金次郎システム(SnakeFX)ですが、
3013年4月2日現在までトータルでは安定したパフォーマンスを出しています。

成績結果をリアルタイムで公開しているFX自動売買ソフトとして
評判になっていましたが、myfxbookに全てデータが残っているの紹介しておきます。

FX自動売買ソフトの3月までの実践での成績結果

SnakeFXの運用を10.000ドルでスタートして、
2013年3月までの結果が、13,103ドルになっています。

現在4月2日のドル円は93円なので、日本円で計算すると10.000ドル(930,000円)で13,103ドル(1,218,579円)です。

差引金額、28万8579円となっています。

まだ実運用から1年はたっていませんが、
資金に対して30%近い利益を出しているFX自動売買ソフトになります。
この結果をどう判断するかは、人それぞれ違うと思いますが、
個人的には、SnakeFXは今のところ評価できるEAだと判断しています。

SnakeFXのドローダウンは、現在13.18パーセントで、
20%未満なので安定したEAとして判断して問題ないと思います。
個人的にはドローダウン20%以上システムは、おすすめしませんが一般的には、
ドローダウン35%までは、実運用に耐えられるEAとして判断されています。

金次郎システムの実績チャート

運用開始した前半は、あまり褒められる成績を出していませんが、
後半からは順調に利益を出しているFX自動売買ソフトです。

数えきれないほど数多くのEAが販売されていますが、
中には成績結果を公開もせず、カーブフィッティングして販売数を伸ばそうとする、
ゴミ商材も多くありますが、金次郎システム(SnakeFX)の販売姿勢は評価できます。
そして、購入者に30%近くの利益を残しているというのも現実です。

FX自動売買ソフトは、過去の成績結果がいくら凄くても、
実際に購入して運用してみるとゴミEAだったという事が普通にあり、
そういった面でもリスクは高いと思いますが、先々稼げるかどうかは誰にもわかりません。

たまに、EAを大絶賛している方もいるようですが、
ほとんどのケースが販売者側の人間であり、中立な立場でEAを判断するならば、
運用開始から結果までをみて、考え判断していくしかありません。

いつまで稼げるかは誰にもわからないのがFX自動売買ソフト!
SnakeFXを含めすべてのEAに言えることですが、「いつまで稼げるの?」
などと答えを求める意味不明な方もいるようですが、そんなことは開発者にも誰にもわからないことです。

だからこそEAの評価は、当ブログでは厳しめの結果になってしまいます。
そういった事を総合的に判断して、金次郎システム(SnakeFX)の評価は、
使い方次第では稼げるFX商材

システムの詳細やmyfxbookのデータはこちらから確認できます。
詳細はクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください