トレードシナリオを構築する

実践的なトレード戦略を知り確実にアウトプットする!

FXで勝てる思考を身につける実践手法

トレードシナリオを構築するといっても、ルールに沿って無意識に行って
いる方もいれば、全く何も考えずに取引を行っているトレーダーもいるかもしれません。

私の場合には、上位時間軸から相場の流れを把握して
執行時間軸へと移行してトレードのシナリオを組み立てていきます。

日足、4時間足、1時間足、30分足で現在のレート位置、トレンド状況、節目など
を把握して、トレードプランを組み立てっていきます。

常に3つのプラン(上昇・下落・もみあい)を考えておき、
その中で最も期待値が高いプランを採用して、ポジションサイズ計算から実行まで行います。

1、3つのトレードシナリオを描く
2、期待値が高いシナリオでポジションサイズを計算
3、執行時間軸でタイミングを計る
4、エントリー、損切り、利益確定を実行

基本的には上記の流れになりますが、
FX初心者の場合には、こういった流れの順番が完全に崩れている方もいると思います。

実際に私自身、FXを始めた当初は
相場の勢いでエントリーを行い、そのあとで損切りの場所を考えたり、
利益確定のポイントはどこにしようと考えていた時期もありました。

経験を積んでいくことで、こういった間違いは修正することができますが、
できれば早い時期に気づき、良いクセをつけるに越したことはありません。

手法などを語っているサイトは多いですが、
こういったトレードシナリオの重要性について語られることは少なく、
面白味がないのも確かですが、トレードの考え方の基本となる部分であり
トレードシナリオの組み立て方は重要だと思っています。

トレードのシナリオ戦略の組み立て方

例えば上のチャート状況の場合に、
Aのサポートラインで反発して上昇するのか?
Aのラインをブレイクして下落するのか?
Aのサポートラインで揉み合うのか?

をマルチタイムフレーム分析などを加えてトレードプランを組み立てます。

その後、トレンド継続を確認してエントリーであれば、
直近安値にストップを置き、高値で決済など事前にシナリオを描きます。

そうすることで適切なポジションサイズも計算でき、
相場の動きに慌てることなく、思惑通りに動かなければ損切りとなるだけです。

根拠のない無駄な取引を繰り返すのではなく、
全体の相場の流れを把握して、トレードのシナリオを組み立て、
期待値が高いポイントをでエントリーを行うことができるようになって来れば、
後はそのパターンを繰り返すだけになります。

1 個のコメント

  • 管理人様

    『FX基礎知識と実践テクニックまとめ』を最初から順次、拝見させて頂いています。

    掲載に、トレードプランの組立として以下をあげてあります。

    1、3つのトレードシナリオを描く
    2、期待値が高いシナリオでポジションサイズを計算
    3、執行時間軸でタイミングを計る
    4、エントリー、損切り、利益確定を実行

    とても参考になりました。

    私は、品質が最優先される仕事をしてきましたが、トレードにおいても全く同じことがいえると改めて認識させられました。

    頭脳労働において、上記項番1~3が仕事であり、項番4は作業だとの認識です。1~3が全体の80%以上を占め、残りは、作業として計画通りに間違いなく遂行するのであり、無計画に作業に突入しては品質も結果も保てないと教えて頂きました。

    管理人様の実践トレードを見ていて、5分、1分のチャート画面を見ながらのエントリーに、2たつの画面では見えない裏付けに基づいている気がしていました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください